桐箱とは?

職人が作るこだわりの桐箱にお持ちのお品をお入れください

桐は日本国内で一番軽い材料です。
軽く柔らかいので精密な加工が可能で気密性も高くなります。


桐は湿度を一定に保とうとする効果があります。
湿度変化に応じて湿気を吸放出する能力が高いのです。


桐の成分の中に虫を寄せ付けない成分(パウロニン、セサミン等)が含まれています。


このようなことから桐箱は陶磁器や美術品などを収納・保存するのに大変適しているのがわかります。

素材・製作へのこだわり

こだわりポイント1
乾燥
丸太を2つ割り、または4つ割りにし数年寝かし乾燥させアクを抜きます。
製材した後もさらに干して乾燥アク抜きを行います。
しっかり乾燥させることで箱にした後の狂いを最小限に防ぐことができます。
こだわりポイント2
カンナをかける
1箱1箱丁寧に仕上げます。
カンナをかけて蓋を山に盛ります(高級箱)。
こだわりポイント3
磨き上げる
1箱1箱手で磨き上げます。
高級箱はイボタ蝋、木賊を使い磨き上げます。
イボタ蝋を使うことによって光沢が出て手触りも格段に良くなります。


高級箱はとても精巧に製作しております。
蓋はどの角度で閉めても身と蓋がぴったり合うように、側板は4面の板(木目)が繋がるように組みます。
一度手に取っていただければ良いものだと実感して頂けると自負しております。

桐箱の仕様について

大きく分け、「四方桟蓋」、「二方桟蓋」、「ヤロウ蓋」、「落とし蓋」、「かぶせ蓋」に分けられます。
お客様のご使用目的に合わせて、お選びください。

取扱いの注意点

桐は高い温度や湿度でアクが出て赤黒く変色しますので、高温多湿の場所での保存はなるべく避けてください。
収納するお品もしっかり乾燥した状態で収納ください。

//img17.shop-pro.jp/PA01268/319/etc/side_blog.jpg